【営業日時】

最新の情報はフェイスブックページよりご確認下さい!

 

OPEN:

木曜日 13:00~16:00 

金曜日 13:00~16:00 ※不定休につきご注意下さい※

年末年始・GW・盆・地域行事時は休み。

  

 

 

 

 

徐福茶屋は、波田須町の町づくりの一環として、2006年にオープンしました。

茶屋では、絶景のテラスでくつろいでいただけるように珈琲や地元の新鮮な農産物、熊野古道のお土産品などを販売しています。

町内には商店がほかになく、町の情報案内所や、町民や古道客の交流の場としても活用されています。

 

波田須神社の下の国道311号線沿いにあり、茶屋のテラスからは、熊野灘、波田須・矢賀(やいか)地区の集落、そして徐福の宮を美しく望むことができます。

 

 

「徐福茶屋」の名称は、2200年前に秦の始皇帝の命を受け不老不死の薬を求めて

波田須町に降り立ったとされる、徐福という人物からつけられました。

徐福はその後、農耕や捕鯨、焼き物などの技術を伝え産業をもたらしたといわれています。

波田須には、当時のものとされる半両銭やすり鉢などが残されています。